脱毛業界のスラング

「アポクリン線」について - 脱毛業界のスラング

脱毛業界のスラング
脱毛業界のスラング > 「アポクリン線」について

「アポクリン線」について

ポピュラーな存在に脱毛もなってきていることから、脱毛に関連する用語も知っていて当然と言った感じで使用されます。
しかし、実際のところ聞いてもよくわからないという用語も多くあるので、脱毛を検討する際に知っておくと役立つ用語を簡単に解説します。
そのひとつが「アポクリン線」です。

人間の体にはアポクリン腺とエクリン腺と呼ばれる2種類の汗腺があって、暑い時やスポーツなどで発汗する汗は、エクリン腺から出る汗で99%以上が水分です。
実は、エクリン腺というのは発汗することによって体温を下げるという調節をする働きがあって、本来人間から発せられる汗は全く無臭に近いものなのです。
しかし実際に汗の臭いが気になるとか、ワキガで悩んでいる方も少なくありません。

それはエクリン腺とは全く違う性質を持っているアポクリン腺が存在しているからです。
アポクリン腺はエクリン腺よりも皮膚の深い部分にあって、しかも毛穴に直接つながっているのです。
そして、ワキの下・陰部・肛門・乳首周辺・へそ周り・耳中など体毛が濃い特定の部分に存在しています。
脂肪・タンパク質・鉄分・蛍光物質・尿素・アンモニア・色素などの成分が含まれていて、雑菌と結びつくことで独特の臭気が発せられて臭いの原因となるのです。
またアポクリン線は、フェロモン分泌管として働いているといった有力な説があります。
動物などは繁殖期になるとお互いの存在を確認するためにフェロモンを発しますが、その役割をアポクリン線が担っているというのです。

人間はフェロモンを発する必要はありませんが、アポクリン腺は残っていて先に触れたように発汗して雑菌と結びつくと臭いの原因となります。
ただ、稀に脱毛してワキガが治ったという声も聞かれることがあって、それは脱毛することで雑菌の繁殖が抑えられたためと考えられます。
脱毛でアポクリン腺を減少させることはできませんが、毛根をなくすことで雑菌を減少させて臭いが軽減される可能性があることも知っておくと良いです。