脱毛業界のスラング

知っておきたい「IPL脱毛」について - 脱毛業界のスラング

脱毛業界のスラング
脱毛業界のスラング > 知っておきたい「IPL脱毛」

知っておきたい「IPL脱毛」について

脱毛に関連する用語も数多くありますが、意外と分からない用語も多くあります。
しかし、脱毛を検討する時や実際にカウンセリング・施術を受ける時に、知らない用語を曖昧にしているとトラブルになったり、困ってしまったりすることもあります。
脱毛の用語として知っておくと役立つものを簡単に解説するので、参考として役立ててみるのも良いです。

「IPL脱毛」といった用語を脱毛サロンなどのサイトやパンフレットで目にしたり、脱毛サロンで耳にしたりすることがあります。
このIPLというのは、インテンス・パルス・ライトと呼ばれる光の略称のことで、このIPLを使用して脱毛することをIPL脱毛というのです。
ちなみにIPL脱毛は、施術後の肌の美しさから選ばれている施術なので、脱毛用語として知っておくと良いです。

このIPLは波長が380mmから800mmの可視光線で、照射することにより肌表面に生えている毛と肌の色の差で毛根部分だけにダメージを与えます。
また、それと共に肌の活性化やキメを整え毛穴を引き締めるといった効果も期待できます。
通常、照射して10日~14日程度経過したあたりで毛は自然と抜け落ちて、毛周期を考慮して施術をすることにより徐々に効果が得られるようになります。

それからIPL脱毛は、ニードル脱毛やレーザー脱毛と比較して施術の痛みが少なくて、肌トラブルも発生しにくいといった特徴があります。
その為、敏感な顔やVIOラインなどの脱毛に適していますし、一度に広範囲の照射ができるので施術時間も短いです。
またIPL脱毛は肌表面に生えたばかりの細い産毛から太く色が濃い毛まで効果を発揮するので、おへそ周りなどの産毛状態に対してもIPL脱毛は適しています。
ただし、施術完了後に再び発毛することもあって、一般的なフラッシュ脱毛と同じく永久的な脱毛効果があるとは言い切れません。
この程度IPL脱毛という用語について知っておくと、目や耳にした時に理解しやすくなりますし、施術を検討する時に役立ちます。