脱毛業界のスラング

アンダーヘアの処理に関係する「VIO」について - 脱毛業界のスラング

脱毛業界のスラング
脱毛業界のスラング > 「VIO」について

アンダーヘアの処理に関係する「VIO」について

脱毛用語としてVIOというのは耳にする機会も多いのですが、実際に詳しく知らないという方も多少います。
しかし、脱毛が一般的になってきていることから、知らなくてもなかなか質問することもできなくて、曖昧なままにしてしまうこともあります。
そこで、脱毛用語のVIOについて簡単に解説します。

VIOとは、足を閉じた状態で表からV字に見える部分(ライン)、足を開かなければ見えない股間のI字部分、肛門周りのO字部分を指しています。
つまり、ビキニライン・股の間・肛門周りを表現する脱毛用語で、デリケートゾーンの脱毛部位を指しているもので、VIOラインとかVIO脱毛などと言った形で使用されます。
また、このVIOラインに生えているムダ毛を脱毛することを指して「ハイジニーナ脱毛」と言って、ムダ毛がなくなることで衛生的に保てることからハイジニーナと言われます。

世界ではこのVIO脱毛は極一般的なもので、宗教上の理由や慣習でアンダーヘアの処理をする国も多いのです。
一方日本ではアンダーヘアの処理を素人の女性が行うことは見られなかったのですが、近頃では身だしなみと衛生の両面からVIO脱毛を行う人も増えています。
アンダーヘアが濃いことがコンプレックスになっている女性や、お気に入りの水着を着る時のハミ出しが気になる女性など様々な理由があります。
また、ワキと同様に臭いがかなり強い人もいて、菌の増殖や匂いなど衛生面からVIO脱毛を検討する人もいて、毛がなくなることでそれらの問題を緩和しようと言うことです。

脱毛を取り扱っているエステや医療機関では、Vラインに関しては脱毛することは可能であっても、IラインやOラインなど粘膜に近い部分は施術を断ることもあります。
それは、レーザーや光脱毛で粘膜に傷が付いてしまう可能性を警戒してのことです。
脱毛用語のVIOの意味をしっかりと理解していないと、エステや医療機関で説明する内容が理解できない可能性があります。
その結果、トラブルになってしまうことも考えられるので、脱毛用語のVIOとは何なのか意味を理解しておく必要があります。