脱毛業界のスラング

脱毛とは微妙に違う「減毛」という用語について - 脱毛業界のスラング

脱毛業界のスラング
脱毛業界のスラング > 脱毛とは微妙に違う「減毛」

脱毛とは微妙に違う「減毛」という用語について

脱毛という言葉は耳にする機会も多いですし、どのような意味なのかも存知と思いますが、脱毛用語として減毛という言葉もあるのです。
減毛という用語は耳にする機会も少なくて、どのような意味なのかを知らない方もいます。
そこで、脱毛と比較しながら減毛という用語について簡単に解説します。

減毛とは、その文字が示す通り毛の量を減らすことで、自己処理が必要なくなる程度までムダ毛を目立たなくする脱毛処理のことです。
抑毛と同様の意味で使用されることが多くて、お肌をツルツルにする脱毛に対して抵抗がある男性が減毛という処理をすることが多いのです。
例えば、スネ毛や胸毛が濃い男性が毛の量を少し減らしたいというような時に行われる脱毛方法で、基本的な方法としては脱毛も減毛も大きな違いはありません。
ただし脱毛方式には違いがあって、一般的に脱毛は医療レーザーや電気脱毛など永久脱毛性の高い方式で全てのムダ毛を処理しますが、減毛はムダ毛をすべて処理するのではなくて一部を残しておくことになります。

脱毛と減毛の違いをもう少し具体的にイメージできるようするには、クリニックは脱毛で、脱毛エステや家庭用脱毛器は減毛と考えると良いです。
脱毛というのは本来永久に毛が生えてこないことを指して、その脱毛はクリニックでしかできません。
ただ、実際は永久脱毛と言っても一生まったく毛が生えてこないということではなくて、その定義は脱毛後1年以内に毛の再生率が20%以下ということです。
しかし、クリニックにおける脱毛は一般的に永久脱毛として考えられていることが多いのです。

それに対して家庭用脱毛器や脱毛サロンの場合は、永久脱毛とまではいかなくて、毛がほとんど目立たなくなる程度まで綺麗にするものです。
その為、脱毛というよりは減毛と言った表現が適していると考えられます。
いずれにしても脱毛と減毛は同じ意味の用語のようであっても、微妙に違いがあることを理解しておくと役立つこともあります。