脱毛業界のスラング

「ハイジニーナ」について - 脱毛業界のスラング

脱毛業界のスラング
脱毛業界のスラング > 「ハイジニーナ」について

「ハイジニーナ」について

脱毛用語として「ハイジニーナ」という言葉がありますが、その意味を知らないと脱毛エステやクリニックで話す場合に内容が理解できないことも考えられます。
脱毛用語には聞き慣れない用語もあって、意味を知らないままで曖昧にしていると困ることもあります。
そこで、脱毛用語のひとつであるハイジニーナについて簡単に解説します。

ハイジニーナとは、衛生的という意味を持つ言葉の「ハイジーン」からきていて、そのスタイルのことを指してハイジニーナと言います。
そのスタイルというのは、Vライン・Iライン・Oラインといったアンダーヘアを脱毛して全くない状態にすることです。
その為、Vライン・Iライン・Oライン全ての脱毛をセットにしたプランをハイジニーナ脱毛と呼んでいるサロンもあります。

このハイジニーナには美しいというメリットだけでなく、他に色々なメリットがあります。
まずはハイジニーナ脱毛をすることで、死角が多くて危険なVIOライというデリケートゾーンの自己処理を行わなくてよくなります。
また自己処理をすることで発生するチクチク感といった不快な思いから解放されるというのもメリットです。
次に、蒸れることがなくなってデリケートゾーンの清潔を確保できることも大きなメリットで、生理時の臭いやかゆみといった不快感から解放されます。
また、ムダ毛が落ちるという心配からも解放されることになります。
それから水着や下着を着る時に、ムダ毛がはみ出ることを心配しなくても良いという点もメリットになります。
その為に変わったデザインの下着やTバックなども気軽に楽しむことが可能ですし、勝負下着を自信を持って履けることも魅力的です。

ただし、このようにたくさんのメリットがあるハイジニーナですが、脱毛する時に痛いという大きなデメリットがあります。
毛が濃くて皮膚が薄く色素沈着していることから、VラインやOラインはまだ我慢はできてもIラインは激痛で、人によっては耐えきれず脱毛を断念することもあります。
一昔前は多少抵抗を感じたハイジニーナですが、最近はメリットも浸透していることなどから日本でもハイジニーナをする女性が増加しています。